トップ/

この事業を始めたキッカケ

社長の写真

こんにちは!ニイホームNEOPLACEの新甫(ニイホ)です。

少しだけ個人的な話をさせてください。 僕には二人の子供がいて二人とも足に障害があります。 もう20歳と18歳になり、立派な大人になりました。

そんな彼らに小さな時からずっと言い聞かせてきたことがあります。 それは「体を使う仕事はできないから頭を使う仕事をしよう」ということ。

僕の考え方は「出来ないことはしなくていい、出来ることをしっかりやろう!」です。 出来ないことを出来るようになろうと努力する必要はない、と考えています。

「好きこそものの上手なれ」と言います。 好きと思えること、楽しいと思えることを、やりたいと思えることだけに集中しその分野で突き抜ければ それでいいと思っています。だから子供達にも押し付けはしません。 彼らがやりたいと思えることを支えていくことを基本としています。

ただ、現実の世界で生きて行かなければいけないので社会通念上の常識は学んでいく必要があることや、自分で会社を作って起業してはどうか?ということも言い続けてきました。

親が生きている時は良いけど、いなくなってからのことを考えると不安でなりません。 彼らが社会から重宝され大切にされるためにどうすれば良いかをずっと考えてきました。

そんな中、彼らの成長と共に社会ではインターネットも成長していきました。 今ではインターネットなしでは事業が成立しないと言っても過言ではありません。 このインターネットの登場は障がい者にとってラッキーなことでもあります。

なぜなら、インターネットの中では健常者も障がい者も関係ないから。 障害があっても健常者に追いつき追い越せるようになったのです。

今や商品やサービスを販売し、売上を上げる手段として企業は当たり前のようにインターネットを活用しています。

どのような障害があってもパソコンを使いインターネットを活用することで自立し豊かになれる時代です。

企業は障がい者を雇用したくないわけじゃない。

僕自身、福祉事業とは別に物販の会社も経営しているので 経営者の気持ちがよくわかります。

例えば、普通の一般的な能力のある健常者と インターネットマーケティングのノウハウを持つ障がい者がいるとして 企業はどちらの方が人材として欲しいと思いますか?

僕だったら絶対に後者です。

だって会社は売上を上げ、利益を上げたいわけですよね。 だから逆に言えば「誰でも持っている能力は求められない」ってことです。

就労移行支援事業所はたくさんあります。 でも、一般的なことを身につけたところで本当に就職出来るでしょうか・・? 仮に就職できてもずっとその会社に大切にされるでしょうか?

一年間は助成金で雇い入れてくれるかもしれないけど その後、会社から必要とされないと・・・。

であれば、会社が手放したくない人材になればいいんです。あなたがいなくなることで売上が下がったり、不便に感じたり 困ったりなど会社にとってマイナス要素が 増えると感じさせることができればいいわけです。

企業は障がい者を雇用したくないと考えているのではなくて健常者でも出来ることを障がい者がやれたとしてもそこに「価値を見いだせていない」だけなんです

障がい者が自立し社会に求められる能力

では、どのような人材になればいいのか?

僕の考えですが「大企業なんかに就職しようなど考えてはいけない」と思っています。 なぜなら、中小や零細企業こそ能力をきちんと評価してくれるからです。

それに日本の会社の95%は中小・零細企業と言われていますから数の多い方が圧倒的に就職しやすいというのは明らかですよね。

中小・零細企業、あるいは個人商店などは資本力も力もあまりありません。 おのずと少数精鋭でやるしかなくなります。 だから「出来る人」や「即戦力」を求めるのです。

それともう一つ、中小・零細企業を勧める理由として 実は「インターネットマーケティング」にあまり詳しくありません。 どちらかと言えば「苦手な分野」として考えているところが多いんです。

しかし、これからの時代にインターネットを活用せずに事業を営むなんて 荒れ狂った大海原に手漕ぎボートで航海に出航してくようなものです。

賢い経営者なら「インターネットの重要性」は痛いほど理解しています。 その部分をあなたが能力として身に付ければどうでしょうか? 会社のインターネットマーケティング部門を引き受けて実際に売上を上げたとして 会社はあなたを役に立たないと思うでしょうか?

そんなことはありませんよね、それどころか大切にされあなたを尊重してくれるはずです。

そうなればあなたは自信を持ち、仕事が楽しくなり、明るくなり、将来の不安や悩みなど これまでずっと自分一人で悩んできたことがすべて解決されるのではないでしょうか。

もう弱者とは呼ばせない。

そこで、僕はこのニイホームNEOPLACEを作りました。 これまでの14年間、地域に根差しお年寄りの介護を通して「福祉」を経験しました。

高齢者福祉のような「福祉=弱者救済」のようなものではなく、我が子にもしたように障がい者が自らの力で人生を豊かに生きていけるようになるための支援ができればと思っています。

「心」・「技」・「体」の3つの観点からアプローチし心も体も健康になることで人生そのものが豊かさに満ち溢れるよう一緒に成長していければ幸いです。 その為に、僕の持っているインターネットマーケティングノウハウをすべて教えていこうと思っています。

僕自身が時間と多額なお金とエネルギーを費やしてトレーニングし実践したノウハウです。

何度も失敗し、改善しを繰り返し成果に繋がるノウハウです。

実際、経営者の方もノドから手が出るほど欲しがるノウハウでもあります。

それらを、障がいがあることが理由で社会とのギャップを感じているあなたへ しっかりとお伝えし確実に能力アップに繋げて行きます。

どれだけ時間はかかっても必ず成長できることをお約束します。 まずは、第一歩を踏み出し行動することです。 その行動を先延ばしにせず今すぐ行動を起こして下さい。

パソコンのことが全く分からない初心者の方でも大丈夫です。 それぞれのレベルに合ったステージからスタートします。 学校のように1対多数の授業のようなものではなく、完全にマンツーマンで指導致しますのでご安心ください。

何度同じことを聞いても大丈夫です。 あなたの能力アップのためにしっかりとサポートして行きます。

僕らと一緒に人生を豊かに作り上げましょう! あなたとのご縁を心よりお待ちしています。

それでは今すぐお問合せフォームから「体験付個別説明会」をお申込み下さい。 長文を読んで頂きありがとうございました。

ニイホームNEOPLACE
新甫 圭佑

どうにもならなくなる前に、今すぐ「今後」についてご相談ください

徹底して正直にならなければならないテーマなので率直に言わせて頂きますね。 就労を必要としているのが、あなた自身、あるいはご家族だとしたら 利用出来るサービスについて出来る限り多くの情報を得なければなりません。 そして、今すぐあなたやご家族のニーズを満たすための最適な選択肢を見つけてあげる義務があるのです。 今日、今すぐに何らかの決断をしなければならないことに対して、向き合いたくないからと後回しにすることはお止め下さい。 だからと言って、急かされてプレッシャーを感じ、間違った判断をするのも問題です。 まずは事実を理解し、きちんと向き合い、冷静かつ穏やかに適切な選択をすることが理想的です。 その為にお役に立てるのが「ニイホームの体験付個別説明会」です。 あなたの問題や悩みを一緒になって考えて行きます。 僕自身も障害のある子供の父親です。だからこそわかることがあります。 的確にあなたとご家族の将来へのアドバイスをさせて下さい。

ご相談することで下記のようなことが理解できます。

  • 就職についての不安と問題の解決ができます。
  • 自分自身や大切なご家族が利用できる選択肢についての深い理解。
  • 最適と思える選択肢を選ぶ基準とその必要な望ましいサービスを提供しない事業所を選択から排除する能力
  • 自分やご家族が置かれている状況にとって何が一番望ましいかを決定するための知識と自信

あなたからのお問合せをお待ちしています

※当事業所は処遇改善加算、特定加算を実施しています。

まずはお気軽にお問い合わせください!

092-589-4020 (受付時間 平日9:00~17:00)